証券会社を比較してみると違いが分かります

株式市場の根底を揺るがすリーマンショックやサブプライム問題、そして日本にとっては悲惨な天変地異でもありました東日本大震災から復興がだいぶ進み株式市場もアベノミクスの効果もありだいぶ回復してきました。

新しい証券比較の人気度が上昇しています。

またNISAや個人年金制度導入など新たに株式市場へ参入する個人投資家の方も増えてきているのだそうです。



そんな中株式を売買する際に必ずお世話になるのが証券会社で、いくつもある中から比較して選ばなければなりません。

この時に重要なのが自分の投資スタイルに合わせる事が肝心です。手数料はもちろんの事ですが、取り扱っている商品や銘柄は証券会社によって異なりますし使用されている取引ツールも各社特徴的です。

取引が初めてであるならばネット証券がおすすめです。


その強みは何と言っても手数料の安さにあるためです。

店頭型の証券会社と比べると10%以下に抑えられているところが多くその理由は営業マンの人件費がかからないからです。



スマートフォンからも使える便利な取引ツールや情報配信などのサービスもあるので安心と言えます。

その中でも開設数と人気で比較するならばSBIです。

豊富なラインナップと多めのマーケット情報は投資家に安心感を与えてくれます。


比較的小さい金額から始めたい場合は楽天もおすすめです。
100円から積立投信が利用でき楽天の会員なら情報連携ができて30秒で申し込みが完了します。

松井証券であれば株のチャートソフトは使い易くタブレットやMACの環境でも使用する事ができるチャートソフトを完備していて10蔓延までなら手数料無料というサービスも魅力的です。