得意分野や取り扱いの種類で証券会社を比較する方法

株や債権などの金融商品に投資をする場合には、最初に証券会社に口座を開設する必要があります。

証券比較について紹介しています。

多くの証券会社がありますが、取引ツールや取扱手数料などで違いを比較して選ぶことができます。
手数料や付加的なサービスだけでなく、投資をしたい金融商品の種類を比較して利用する会社を選ぶこともできます。



証券会社は銀行とは違い、取り扱われている金融商品の種類に大きな違いがあります。

基本的にどの口座でも国内株式や国債などが扱われていますが、会社の得意分野によって購入できる種類が異なります。


例えば、中には特定の国の外国株や外貨建て債券の取り扱いを得意とするような会社が存在します。

投資信託の種類が豊富であったり、取引も利用できる口座もあります。



個人投資家向けに株取引に関連する情報を提供するサービスが充実している会社もあります。


売買の際に支払う手数料や利便性の他に、自分の投資のスタイルに合わせて検討すると良いでしょう。

最近は、購入すればほぼ確実に利益が得られるIPO株(新規上場株式)の投資が注目を集めていますが、IPO株は一部の証券会社にのみ配分されます。

そのためIPO株に投資をしたい場合には、新規上場株式の取り扱い実績が多い会社の口座を開設する必要があります。
IPO株を購入する場合には抽選に応募して当選しなければなりません。当選確率を高めるためには複数の証券会社に口座を開設して抽選に応募する必要があるので、取扱実績が豊富な業者を比較するようにしましょう。